AED =Attractive Every Day=

引きこもりが世界に羽ばたく経営者になるまで

【2018.7.21】退職する人がすべきこと10選

f:id:AED:20180721190045j:plain

先日、3年3ヶ月働いた公務員を退職しました。

理由は自分が高校生時代に夢だった「起業家」への道にようやく一歩を踏み出すため。

自分の時間がなく、お金がないストレスのある生活を変えるためでした。

 

詳しい話はまた別の機会に投稿しようと思いますが、どんな職種の方であれ、今ちょうど退職した人、退職を検討している人、みなさんに当てはまる退職する人がやっておくといいだろうなと思ったことを書き残します。

 

目次

 

読んで欲しい人

・次の退職先がなく積んだと思っている人

・退職後ってとりあえず何しようか考えてる人

・次の仕事場で好調にすべり出したい人

・自分のやりたいことがもわもわとしている人

 

退職する人がすべきこと10選

1)お世話になった人リストをつくる

恐らく退職までに次の仕事を始める前では期間をおいたり、年休を消化する人様々いると思いますが、この空いた時間(残業があった人からすると天国のような時間です。)を利用して、自分に関わった人を列挙していきましょう。特に以下のような人達で分類すると楽です。

①特に仕事で関わった人(直属の上司、取引先)

②仕事で関わった人(同じ部署の人)
③お世話になった人(たまに飲みに誘ってくれる人)

④特に仲が良かった人(週一以上会う人、自分が恩師だと思う人)

 

多分書いているとこんな人いたなーとか。あ、あの人にもお世話になったなとか、普段自分が気にかけてなかった人のことを思い出して、感謝の気持ちでいっぱいになるはずです。(どんなにブラックな企業だったとしても!)これは次の職場に行くとしても、前の職場と後腐れなくさることができるので気分がとてもすっきりし、次に切り替えられます。

 

 

人脈編

2)1)のリストをもとにお世話にした人たちにお礼メールや挨拶をする

1)をやってから2)をやることをお勧めします。

【お礼メール】

社交辞令のメールは②の人、自分がどのような理由で退職するかを具体的に書いたメールを①、③、④の人に出します。なぜ①にしかも退職理由まで詳しく書いたメールを出すんだと人によっては、直近の上司が仲がいい人ばかりではなく、嫌な気分になる人がいると思います。

実際に自分も元上司には恵まれず、明らかに好かれてないだろうなという態度を取られた時もありましたが、自分がどのような理由でやめるかはやはり伝えた方がいいと思います。どんなに好かれてなかったり、理不尽だった人であったにせよ、あなたと関わる上で何かしら、学んだことは1つくらいは絶対あると思うからです。

むしろそういう人にこそ、あなたをタフにしてくれた反面教師ではあるため、メールだけでもいいので、送ることを進めます。実際に自分も気乗りがしないままメールを送りましたが、その後の挨拶で「こんなこと考えてたのに何もやれんくてごめんな。」みたいな感じで打ち解けた上司もいて、退職の時はやっぱお礼言っといてよかったなとか思いましたね。

 

【お礼の挨拶】

①、②、④の人に行いましょう。①、②の人には手土産を持って行くと気持ちが伝わるかと思います。なんで自分が辞めるのか、今後どうしていきたいのか、またこれまでのお礼などを伝えましょう。この時に真剣に話を聞いてくれたり、応援してくれる人はあなたの隠れ応援者であるため、このつながりをなくさないように今後も進展があれば一斉メールで進捗を伝えましょう。

 

3)過去の自分のSNSの投稿を見直す

以外に自分のSNSで見返さないもので、どんなに日記をつけない人でも何かしらの形で自分の考えを残していると思います。ブログでもいいですし、Twitterでも、Facebookでも、インスタでもなんでもいいので、一度直近3年間ぐらいのものは見直すといいです。見直す中で自分がこのとき何を思っていたか、その目標は達成できてるか、過去を見直すいい機会です。逆に過去のことを見直すことで、後で述べる「やってみたいこと」をもう一度やるきっかけになります。このおかげで自分もニコ生を再度始めるようになり、新しい人たちと新しい形で交流を持つことができました。

 

4)過去の職場以外の人にも挨拶する

友達、家族、プライベートで会ってた人などにも忘れずに連絡しましょう。新しい環境になることを知るといろんな人が新しいチャンスを持ってきてくれます。具体的にはお仕事だったり、人との出会いだったり、退職するからこそ時間に余裕がでるため、仕事してたら得られなかったようなチャンスに恵まれます。(これはやめた人じゃないとたぶんわからない笑)

 

自分の場合はネットの人とも関わりがあったので、5年前くらいに関わった人で思い入れがある人には連絡をとりました。むしろ、ネットの人の方が、いろんな相談をしていたり、深い話をしていただけあって、久々に話せると懐かしさが込み上げました。

 

ネットでもリアルでも人とのつながりは大事だなと感じさせられます。だれがいつあなたにチャンスを持ってくるかはわからないため、直感的に連絡とりたいなという人がいたら問答無用に連絡してみましょう。

 

健康編

5)健康診断や自分が気になる部位の診療科で検査してもらう。

体は資本とはよくいったもので、自分は辞める2ヶ月前から、健康診断を受けたり、いろんな診療科で詳しく検査してもらったりしました。

 

歯医者に行った時は親知らずがあることが発覚し(しかも一本は真横に向いており大規模な手術になる)、早めに治療が始められたため安心しました。以前前歯の矯正を行なっていたのに親知らずがあることを知らなかったため、本当にこれがなかったら、処置が大変になるまで放置してたかもしれません。

 

あとは婦人科などでも生理不順などで悩んでいたため、改めて検査をしながら見てもらうことができました。

 

自分の体がどうなっているかなど見直すことは後々起こる大病の手術や入院予防にも最適だと思ってます。

 

6)筋トレなどの体作り

時間があるからこそ、忙しいと言ってなまけていた筋トレや体つくりをやってみましょう。最初は辛いことが多いですが、体を動かすと頭がすっきりするため、次の仕事場への気持ちの切り替えが容易にできるようになり、プラス思考になります。

 

また運動をする習慣をつくりやすいため、より健康的になること間違いなしです。

 

7)自炊

これを気にコンビニ弁当ばかり食べていた生活をやめて、自炊生活に切り替えてみましょう。改めて自分の調理力を上げるだけでなく、素材そもそもの美味しさに改めて気づくと思います。

特に科学的な調味料を使わずにシンプルな味付けのものをこの期間に食べていると、食生活がこってりしたものなどを食べないように変化していきます。

今食べているものは10年後の体に響いてくるとよく言いますので、これを機にやってみることをおすすめします。

 

自己啓発

8)本を読む

とにかく気になった本をAmazonKindleUnlimitedでもbookoffでもいいのでたくさん利用して本を読みましょう。本を読めば読むほど自分の知見が広まるため、チャンスをつかまえるアンテナが張り巡らされ、情報に敏感になることができると思います。

 

9)これまでのことやこれからのことを形として残す

なんでもいいです。紙のノートでもブログでもSNSでもいいので一度これまでを振り返ったり、計画し直して、自分のこれまでとこれからを考えましょう。思わぬ気づきや発見があり、自分もこれをきっかけに次の仕事を見つけたりできました。

 

10)素直にやってみたいことをやる

以上、これまでの1)〜9)をやっているうちに自分がやりたいことが泡のように何かしらでてきます。せっかく時間にゆとりがあるため、色々とチャレンジしてみると面白いほど新しい発見があります。自分の場合はニコ生を始めたり、久々に絵を描き始めたりなど前に行っていたことで嫌いになったことをやってみると以外にどハマりします。この中から自分が本当に好きなこととかがみつかるきっかけになるかもしれませんね。自分の可能性が広がります。

 

まとめ

誰しもがいい理由で退職することはないと思います。(いい理由の人はそれはそれで今後のライフを楽しんでください。)これまでの会社がつらかったり、自分の適性を感じられなかったり…でも、本当にブルゾンちえみがいうみたいに男が35億いるんだったら、仕事はそこまでなくとも大量にあるはず。その中でたまたま決まった1つの仕事に縛られる必要は全く持ってないと自分は思っています。

気に入らんかったら次に次に仕事を変えて自分を変えていきましょう。

今はダメでも次でいい調子がでるように少しでもなれたら幸いです。

ではでは。