AED =Attractive Every Day=

引きこもりが世界に羽ばたく経営者になるまで

【2018.09.08】国家公務員退職記録

どうも、起業ブロガーのAEDです。

約1ヶ月ぶりぐらいの投稿です…めっちゃ書きたいネタはあるのに追いつけてない現状なのでボチボチ書いていければなと思います。

 

やっぱり自分自身も最近公務員を退職して転職したということから、いろんな人に相談を受けることが増えてきました。自分自身退職するときはとても不安でいっぱいで何をやったらいいかどうしたらいいかなど本当にたくさん調べましたが、断片ばかりの情報で特に自分みたいに早い時期に退職した国家公務員の記録のないこと…。ということで、これまで自分が退職するまでの記録をここに残して誰かの役に立てればなと思ってます。

 

退職前準備

辞職願

ここまでが自分自身精神的にもつらかったです。公務員はただでさえ人の流動性が少ないので、これを出してからが自分との戦いですね。退職まできっちりとした人間関係でいるのはなかなか難しいです。

aed.hatenadiary.com

引越し

人によっては1ヶ月過ぎてから始める人が多いですが、私は正直人生初だったので、2ヶ月は時間かけました。特にゴミの処分などは地域の粗大ゴミの処理などは2週間以上前に予約しないとできなかったり、業者によって処分できないものもあるため、しっかりと相見積もりをする必要があります。また、物件探しもいい場所はすぐ埋まってしまうため、なるだけ在職中に決めるようにしましょう。契約も在職中に済ませると楽です。

 

aed.hatenadiary.com

失業手当の受給

・絶対離職前に相談した方がいい

・基本的には公務員は退職金があるため、失業手当はでないが月収40万以下の場合はないようによってはあり。

・すぐいってももらえるものではなく審査期間(約1週間)はかかるため、やめてすぐ行く方がいい。

・国家公務員の場合は辞令をもらった時点で国家公務員退職票をもらえないため、もらうのに1週間以上は要する。職場からは全く案内されないため、事前に人事課に通知しておく必要あり。変装用の封筒は自分で準備。

福利厚生室に事前に確認する

絶対退職日に行かない方がいいです。私の場合は前日に行って話を聞いていたにも関わらず、手直しする書類とかあってめっちゃいらつきましたから笑

多分職場にもよるのでしっかり聞いておくのが○

 

今いる区役所に手続きがないか確認する

私の場合は退職と引越しがセットだったので、転出届だけ前の区役所だして、そのほかの変更は全部次の区役所で手続きしました。人にもよるのでまずは事前に区役所で必要を確認する必要ありですね。

 

退職日

人事課より辞令を受け取る

退職を承認する辞令と退職金の辞令の2通をもらいます。

挨拶回り
人事課でもらった案内通りに所定の手続きを踏む
省員証の返却

 退職後の手続き

寮からの退去

私の場合は退職後20日以内に退去だったので、まだゆとりを持ってできた方だと思います。退去に当たって修繕費用やらなんやらかかるのでお金もしっかり準備してください。

引越し先の区役所での手続き

所要時間1時間半ほどあれば十分できます。健康保険、国民年金、転入手続き、全部できます。身分証明証、マイナンバーカード、は必須です。

 

退職金の受け取り

入金後は銀行より着金案内(はがき)がくるので、退職日にもらった人事異動通知書の退職金であっているか確認する。失業手当の申請の際にもこのハガキは必要なので捨てないように。

 

住民税

その年度の1月1日に住んでいた時点での地区に支払う義務があるため、引越し後もそこの区に払い続ける。後日1ヶ月半後ぐらいに納付書が届くので確認。収める金額には唖然としますね。

 

国民年金

退職後、1ヶ月半後に国民年金保険料納付書がくるので確認。

 

 

 

やっといたほうがいいなと思ったこと

(既に保険に入っている人は)保険の見直し

特に若い人は見直した方がいいです。仕事を辞めるとなるといくら固定費を下げるかが生活費の節約につながりますから!また、保険は自分のライフスタイルによって変えるべきなので、自分の納得した形で保険に入りましょう。

 

aed.hatenadiary.com

 生活習慣の見直し

私は前職をしていたときは本当に残業ばかりでご飯はろくにつくりもせず、職場と家との往復ばかりでやりたいと思っていた運動もできずじまいでした。特にやめてから1ヶ月間は次の仕事までに生活習慣を見直してじっくり自分のライフスタイルを確立すると1ヶ月後はみるみる生き生きしていきます笑

 

aed.hatenadiary.com

 自分の見直し

普段仕事をしていると自分が何に向かって今仕事しているとか、自分は何が楽しいかとか忘れて仕事してしまっていると思います。実際に自分もそうでした。なかなか仕事をしているときにそう言うことを考えると「いやでも今自分仕事してるし」とかあえてその話題を自分で遠ざけようとしてしまいます。忘れてしまいがちですが、結局ここがしっかりしていないと次の仕事場でも仕事をするだけにとどまってしまうため、ぜひ退職をした人はここをもう一度見直していただきたいです。できればブログが一番いいと思います。

 

aed.hatenadiary.com

 

aed.hatenadiary.com