AED =Attractive Every Day=

引きこもりが世界に羽ばたく経営者になるまで

【女子必見】国際遠距離恋愛歴2年半が伝える国際恋愛のコツ

f:id:AED:20190103183428p:plain

みなさん、ご存知の通り、恋愛って難しいです。 今のご時世、多様な働き方の他にも『多様な恋愛観』まででてきてしまって、女性が結婚しないことまで今選択肢にでてるぐらいですからね。いろんな人と付き合える選択肢が昔から増えた結果、いろんな壁にぶち当たる男女が増えてるよなーとか常々考えます。 同じ日本人同士でも喧嘩が絶えないのに、ましてや文化が違う海外の人と一緒になるのは難しいというのは必然ですよね。 私もロシア人のパートナーになってかれこれ2年半と人生で今の彼が1番長いお付き合いになったってことに気づいたので、今回は遠距離国際恋愛のコツというか、こうやったらいいんじゃないかな?ってところを紹介します。

相手の国の言葉を理解しようとする

私の場合は彼が日本語ペラペラですが、一応ロシア語も今だにできませんが気が向けばなんどもトライします。彼的には覚えなくてもいいよとはいうものの、話せるようになるとやっぱり嬉しいのか色々教えてくれます。また、相手の国の友達を紹介してもらった時に勉強する意欲があると彼の友達とも言葉ができなくても仲良くなれます。どちらかというと後者の方がちょー大事です。将来的にはその友達とか家族とかと仲良くなれないと結局居心地が悪く感じると思います。

相手が本当に自分を大事にしているか見極める

結構これを見極めないで、すぐ付き合ったり、同棲する人が同じ日本人同士でも多いのかなと感じています。元彼は今彼より好きの気持ちは大きかったですが、結局大事にされてないと感じて辛かったですが3ヶ月で別れました。だって、どんなに好きでも大事にされなきゃ片思いじゃん!!!女って、本当に顔とかお金じゃないなって思いました。(男性諸君、心に刻みつけよう) これを見極めるにはどんなにうつ状態になっても自分を大事にしてくれるとか、本当に困った時に手を差し伸べてくれるかが浮気しない人を見極めるポイントです。あとズルズル引っ張らないサバサバ精神も必要です。

隠し事できない相手をパートナーにする

私は彼に隠し事しません。というかできません。お水の仕事することとか、元彼に会うこととかフツーに話します。彼は複雑な気持ちになるとはいうものの、隠されるよりはいいといつも言います。隠し事って自分を守ることの裏返しだと思うので、もし相手に隠し事している場合、信頼関係に対して不安なのかなーとか考えちゃいます。

1日に1回はメッセージを送る

対面で会えない分これは必須。(2年半もすると放置気味の時もあるけど笑)メッセージでもやっぱり相手から連絡があると安心できます。

喜怒哀楽をはっきりさせる

国際恋愛だと特に必要だと思います。こちらからしたら普通のことでも気づかず相手を傷つけていることがたまにあります。逆も然り。何で自分が泣いてるのか怒っているのか説明できる必要がないと相手は何でそんな反応してるのか本当にわかんない時もお互いあります。逆に喜ぶ時はとことん喜ぶと相手もそれを覚えてくれます。こんな感じで国際恋愛って結構手探りなところあります。まあでもそれが楽しいところでもあります。

自分1人でやっていくつもりでいる(相手に期待しない)

相手に頑張って仕事してもらおうとかそういう考えをする人は国際恋愛が辛く感じるのかなと思います。海外の人は割とフェアな人が多いからです。日常的におごったりとかお金を出したことはほとんどないです。それこそ結婚後は主婦は有り得ないです。なので結構自分一人で生きていく勢いで付き合わないとこの人といて大丈夫か?みたいに不安に思うことは多々あります。私の彼なんてもう1年くらいまともに仕事してませんから、まじめに結婚を考えてた時は不安でしょうがなかったです。ただ、お祝い事の時はお金では買えないステキな思い出を作ってくれたり(退職祝いの時は格安でいけるバリ旅行を企画)、困った時は親身に相談に乗ってくれるので、結果的に高いものをもらうよりそっちの方が嬉しいんですよね。

相手を信じる

全てはこれがないとなんでも安心できません。もし信じることができないのであれば、相手に対してしてちゃんと信頼関係が築けていないのかもしれないので、見極めの段階から見直した方がいいかもしれません。

別の国で再会してみる

割と効果的かも。私たちの場合、彼があんまりロシアに入れなかったことからたまたま中国とかインドネシアで会うこともありましたが、それがきっかけでより深くなれることもよくあります。お互いとは違う文化に触れることでお互いをより助け合おうという気持ちが出やすいのが要因かなとか考えてます。

 

以上! 案外特別な何かを求めてるわけではなかったと思います。私も思い返していて、本当にコツかなー?というほどあまりにもシンプルしすぎて意外でした。でも、それがあれば国際恋愛も割と気楽にできるのかなーとも思うので、もし悩んでいる人がいれば参考にしてください。