AED =Attractive Every Day=

引きこもりが世界に羽ばたく経営者になるまで

【随時更新】旅行中に後悔しない海外旅行準備

f:id:AED:20180401151018j:plain


 

今は気軽に海外旅行ができるようになった。

フライトの本数は増えたし、自動翻訳機があればとりあえず話せなくてもなんとかなる。

 

でも、やっぱり準備がしっかりしてるのとしてないのとではかなりの差がある。

国によって必要な情報は異なるものの、毎回引っかかる難点がいくつかあったので今回はせめて必要最低限の準備をクリアできるように書いていこうと思う。

 

必要準備

たびレジの登録

外務省が管轄しており、海外渡航者情報を申請することで万が一のことがあってもこれの登録があるだけでスムーズになります。申請方法はここに詳しく記載してます。

aed.hatenadiary.com

 

持っていくもの

旅券(パスポート)

これがないと国をでれません(出国)、相手国に入れません(入国)。

20歳未満5年旅券(11,000円

20歳以上10年旅券(16,000円

の種類があり、申請から受領まで最低でも一週間は必要なため、旅行の予定ができたらすぐ準備しましょう。

また、旅行中は運伝免許証がわりに携帯が必要になるので渡航中は絶対に紛失しないようにしましょう。

紛失した際はすぐその国の大使館もしくは総領事館に連絡しましょう

www.mofa.go.jp

 

コンセント

国によってコンセントの形が異なるので要チェック!

これがないと携帯の充電もなにもできない!

自分はこれがお気に入り。

 

現金

空港で両替でもいいけれど、基本的に空港内の両替所は購入者にとってレート不利になっていたり、手数料が多くかかりますので、たくさん現金を持っていく予定の方は特に銀行での両替をおすすめします。

 

携帯

渡航中は常に機内モードに!

海外でデーター通信をすると何十万の請求がきます

自分は飛行機の離陸時点からずっと機内モードにしています。

渡航期間中はその国の無料Wi-Fiを使うレンタルWi-Fiを持っていくようにしています。

 

(あるとなおよい)レンタルWi-Fi

今は空港受け取り空港返却が可能なので、お金に余裕があれば使ってみることをおすすめします。たまに無料Wi-Fiでいける!と情報があってもいざとなってつながらないこともしばしば…空港ホテル基本的に無料Wi-Fiが使えますが、観光目的の方は基本的に持つことをすすめてます。

 

(あるとなおよい)現地ATMで現地通貨を引き出せるキャッシュカード

あると全然違います。

現金をたくさん持つのが怖い自分はこれ1枚をなくさないように旅券と大事に持っています。自分はANAのスルガデビットカードを持っています。

www.surugabank.co.jp

 

(あるとなおよい)クレジットカード

普通のクレジットであれば外貨のものでも、自動的に日本円に換算して引き落としてくれます。また中には海外旅行保険も一緒にセットになっているものもあるので要チェック。

作るなら世界的に使用されているVISAmasterCardにしましょう。

JCBホテルでは使えてもレストランなどで取り扱っていない場合があります